初期の中絶手術には二種類の方法があります

女医

理由とは

レディ

東京では中絶手術を受ける若い女性が多くなってきていると言えるでしょう。なぜ若い女性の間で手術を受ける方が増えていているのか、その理由について理解を深めていきましょう。

詳細を読む

女性の医者

看護師

男性の医師が相手だと、精神的な負担を感じてしまう女性の方は多くいます。女医が相手であればより中絶手術に対する不安なども和らげることもできるので、女性の医者のいる病院やクリニックを選びましょう。

詳細を読む

二つの方法

女性の中には妊娠してしまった為に、中絶手術を考える方も少なくはないでしょう。一般的には妊娠というものは喜ばしいこととされています。しかし、誰でも妊娠を心から喜べるわけではありません。中にはまだ子供を生みたくないと思っている女性の方もいるでしょう。そんな女性の方は中絶手術の利用を考える方も多いと言えます。手術を受ける前に、どのような方法で手術をするのか知っておきましょう。
多くの女性にとって中絶手術を受ける場合に不安を抱くと言えます。知らないということは不安や恐怖に繋がります。手術の方法を知っておくことが、中絶に対する恐怖や不安を和らげる方法の一つと言えるでしょう。
今回は初期中絶手術の方法について説明していきます。基本的に初期というのは妊娠してから12週目未満のことです。初期中絶はこの12週目未満まで実施することができる二つの方法です。まず一つが掻爬法です。これはスプーンのような細長い器具や特殊なハサミのような器具を使います。子宮内の胎児を掻き出す方法で、器具がシンプルな形状をしているため、感染症などのトラブルが起こりにくいのが利点です。吸引法は子宮内の胎児を強力な吸引器で吸い出します。手術時間は掻爬法に比べて短縮できます。また、クリニックによっては手術しやすくするために子宮を広げる器具を挿入します。このように妊娠初期の中絶手術には二週類の方法があります。医師やパートナーと相談しながら、適切な手術方法を選ぶようにしましょう。

手術までの流れ

ウーマン

東京で中絶手術を受ける女性の数は年々増えてきています。今回は手術を受けるまでの流れについてお教えします。これから利用するかもしれないと考えている方は是非この機会に勉強しておきましょう。

詳細を読む

Copyright©2016 初期の中絶手術には二種類の方法があります All Rights Reserved.